一日中歩き回りたい小さな丘からのメッセージ。御崎灯台が丘
ホーム
灯台が丘の毎日
仲間募集
灯台が丘とは
灯台が丘に暮らす
連絡先
最新情報はこちら
仲間募集 失うものと得るもの
失うもの
失うもの
高収入

赤穂にはかなり大企業があるが、現地採用の給料は低い
でもお金のかからない暮らしができるので生活水準は高い
モノを作って暮らすには適している
 
公共交通機関

電車、地下鉄はなく30分に1本のJRのみ
駅から灯台が丘に至るバスも30分に1本
たいていの人はマイカーか自転車を利用している
で、自転車の人は雨が降ったら出かけない
 
雑踏の中の孤独

そもそも雑踏がないが、たまにイベントなどで人が多く集まると
知り合いばかりで挨拶するのがたいへんである
たまに孤独を味わうために都会へ出かけたりする
 
暇な時間

田舎暮らしは思いのほか忙しい
朝から晩まで仕事以外にも掃除(古民家は時間がかかる)や雑草取りや、
やることが果てしなくある。ただしお勤めは早く終わります。
近所の人は17時過ぎに仕事から帰宅し、夕食後18時ごろから
お父さんもお母さんもおじいちゃん達も課外活動に励む
 
バーの飲み歩き

そもそも赤穂にはバーがほとんどないので飲み歩けない
スナックや居酒屋はかなりあるが、夜に営業している喫茶店もない
代行運転もタクシーもあまり遅くまで営業していない
なのでホームパーティが盛んだったりする
 
雨 イラスト
高収入

赤穂にはかなり大企業があるが、現地採用の給料は低い
でもお金のかからない暮らしができるので生活水準は高い
モノを作って暮らすには適している
公共交通機関

電車、地下鉄はなく30分に1本のJRのみ
駅から灯台が丘に至るバスも30分に1本
たいていの人はマイカーか自転車を利用している
で、自転車の人は雨が降ったら出かけない
雑踏の中の孤独

そもそも雑踏がないが、たまにイベントなどで人が多く集まると
知り合いばかりで挨拶するのがたいへんである
たまに孤独を味わうために都会へ出かけたりする
暇な時間

田舎暮らしは思いのほか忙しい
朝から晩まで仕事以外にも掃除(古民家は時間がかかる)や雑草取りや、
やることが果てしなくある。ただしお勤めは早く終わります。
近所の人は17時過ぎに仕事から帰宅し、夕食後18時ごろから
お父さんもお母さんもおじいちゃん達も課外活動に励む
バーの飲み歩き

そもそも赤穂にはバーがほとんどないので飲み歩けない
スナックや居酒屋はかなりあるが、夜に営業している喫茶店もない
代行運転もタクシーもあまり遅くまで営業していない
なのでホームパーティが盛んだったりする
得るもの
得るもの
溢れる自然

田舎暮らしのキャッチフレーズだが、もちろん虫も獣もあふれている
灯台が丘では家の中に蟹が這っていたりするし、ムカデも常連だ
虫が苦手な人は田舎に来ないほうがいいだろう
 
美味しい食べ物

魚は釣り人や漁師さんからもらうことも多いが、地元スーパーのも新鮮である
米は知り合い農家から分けてもらうが、これもノーブランドながら美味しい
野菜も知り合いからもらうことが多い、野菜の旬がわかるようになった
なにより水が美味しい。ペットボトルより水道水の方が美味しい
 
濃ゆい人間関係

赤穂ではずっと地元で暮らしている人が多い
なので、初めての人にはどこに住んでて誰の知り合いか確認する
共通の知り合いを見つけると安心する
移住してきたらまず知り合いを作ることが大切だ
これは簡単、赤穂人は親切で情が厚い
 
ストレスのない暮らし

赤穂人はゆるやかに生きている。
週に1回しか開けないパン屋さんや、午後2時半に閉まる喫茶店
どれも普通のこととして受け入れられている
働くのが嫌なのではない、自分流の流儀で生きているだけだ
赤穂人はゆるやかだが芯は強いのだ、忠臣蔵のお土地柄は健在である
 
夜の静けさ

夜は静寂である
ネオンや騒音の元が無いのはもちろん、耳で聞こえない低周波の機械音が無い
だから沖を走る船の音や自然の微かな気配音が聞こえる
夜に耳をすませるのはこの地の楽しみの一つ
できれば海辺で、またたく遠い船の灯りを眺めながら
 
海 イラスト
あふれる自然

田舎暮らしのキャッチフレーズだが、もちろん虫も獣もあふれている
灯台が丘では家の中に蟹が這っていたりするし、ムカデも常連だ
虫が苦手な人は田舎に来ないほうがいいだろう
美味しい食べ物

魚は釣り人や漁師さんからもらうことも多いが、地元スーパーのも新鮮である
米は知り合い農家から分けてもらうが、これもノーブランドながら美味しい
野菜も知り合いからもらうことが多い、野菜の旬がわかるようになった
なにより水が美味しい。ペットボトルより水道水の方が美味しい
濃ゆい人間関係

赤穂ではずっと地元で暮らしている人が多い
なので、初めての人にはどこに住んでて誰の知り合いか確認する
共通の知り合いを見つけると安心する
移住してきたらまず知り合いを作ることが大切だ
これは簡単、赤穂人は親切で情が厚い
ストレスのない暮らし

赤穂人はゆるやかに生きている。
週に1回しか開けないパン屋さんや、午後2時半に閉まる喫茶店
どれも普通のこととして受け入れられている
働くのが嫌なのではない、自分流の流儀で生きているだけだ
赤穂人はゆるやかだが芯は強いのだ、忠臣蔵のお土地柄は健在である
夜の静けさ

夜は静寂である
ネオンや騒音の元が無いのはもちろん、耳で聞こえない低周波の機械音が無い
だから沖を走る船の音や自然の微かな気配音が聞こえる
夜に耳をすませるのはこの地の楽しみの一つ
できれば海辺で、またたく遠い船の灯りを眺めながら
生活情報
生活情報

2キロぐらいの尾崎地区にはスーパーやコンビニ、病院、飲食店などがあって、千種川を渡ってすぐに24時間営業のスーパー、ホームセンターなどもあります。 赤穂市内には大きな総合病院が2つあって近隣と比べても医療体制は整っています。量販店が揃う大きなショッピングセンターもあります。駅前には映画館もあります。喫茶店のモーニングサービスも有名で、美味しい飲食店がいっぱいあります。図書館やホールも美しい建物です。また歩道は並木が美しく、道路などのインフラが整備された美しい街なのです。春にはそこらじゅうで桜が咲きます(市の木が桜なのでいっぱい植わってます)

ページの先頭へページの先頭へ
一日中歩き回りたい小さな丘からのメッセージ御崎灯台が丘
ホームホーム
灯台が丘とは灯台が丘とは
灯台が丘の毎日灯台が丘の毎日
灯台が丘に暮らす灯台が丘に暮らす
仲間募集仲間募集
連絡先連絡先
 
 
最新情報はこちら
facebookfacebook
マップパンフレットはこちら
pdfpdf
 
うみねこビーチハウスうみねこビーチハウス